DrIWAの日記

医療や地域や人や趣味について。日々わくわくすることを探しています。日々の記録として書いていきます。

ゲネプロ卒業と新たなスタートへ

ゲネプロとACRRMからの贈り物 梅雨を忘れるような6月の晴れた朝、郵便が届きました。ゲネプロ、オーストラリアへき地医療学会(ACRRM)からのプログラム修了証です。 離島医療とオーストラリアのGP(General Practitioner)への憧れだけを抱いて、不安ばかり…

生まれた島で最初の仕事

凱旋診療は突然に・・・ この日、私は久しぶりに地元の離島に渡りました。今回は里帰りではなく、白衣を着た医師としてです。 5月は県外の病院研修を予定していましたが新型コロナウイルスの感染拡大のため、改めて研修プランを見直していました。当初、今頃…

飯塚病院 パート②

飯塚病院 連携医療・緩和ケア科 前回に引き続き飯塚病院の訪問記録になります。今回は連携医療・緩和ケア科です。私の主観ですが、日本一アグレッシブで、先進的で、活気ある緩和ケア科です。 現在、飯塚病院連携医療・緩和ケア科で活躍されている石上先生は…

飯塚病院 パート①

株式会社麻生飯塚病院 今回は飯塚病院を訪問してきました。 特に説明は不要かもしれませんが、福岡県飯塚市に位置する病床1048床、100年の歴史を持つ有名老舗病院です。また、全国から多くの研修医・専攻医が集まる超人気研修病院でもあります。短い時間では…

地域医療に最も重要なピースとは ~済生会日向病院~

今回は2週間にわたり済生会日向病院にお邪魔し在宅医療を行いました。 院内の医師、看護師だけでなく、ICTを活用して院外の介護スタッフ、地域全体との情報共有を円滑に行っており、患者さんや家族はもちろんのこと、医療提供者側の満足度も非常に高くなって…

下甑島へ、コールメディカルクリニック福岡から医師派遣

「今年度から下甑島に毎月応援に行くことになりましたよ。」 メールにさらっと書かれた一文に鳥肌がたちました。送り主はコールメディカルクリニック福岡の理事長、岩野歩先生です。 北九州や沖縄浦添で救急医として活躍され、その後は在宅医療医として福岡…

心肺蘇生の出張講習会

さすらいの医師生活 3月末に延岡市に引越し、早くも1か月が過ぎようとしています。私は今のところなんとか順調に延岡市でさすらいの医師を続けています。まだまだCOVID-19は猛威をふるっていますが、こんなもの好きな(地域医療マニアの)私に対して多数の医…

医療崩壊の歴史と脳卒中輪番制

延岡市の医療の歴史 延岡市の紹介からです。宮崎県北部に位置する人口約12万人の市で、九州では2番目に面積の広い市町村になります。旭化成の企業城下町として多くのアスリートを輩出したり、山・川・海と豊かな自然に囲まれ多くのアウトドアスポットでも有…

第一弾、石内医院

医療機関訪問の記念すべき第一弾は、延岡市の石内医院です!私の出身の島からも近く、島民も多く通院している医療機関です。非常に学びの多い1週間でした。 診察室の佇まいから感じる患者さんへの優しさ 患者さんやスタッフにはもちろんのこと、急に飛び込ん…

エレクティブ研修 〜延岡市での地域医療〜

1年間の上五島病院勤務を終え、地元である宮崎県延岡市に引越しました。次は2021年6月から宮崎県立延岡病院・救命救急科での勤務となります。 というお話はいろいろな方にしていますが、毎回のように「4月5月は何してるの?」という質問を受けます。本来であ…

医師と患者の心地よい距離感

大切な1枚の写真 五島を発つ前日、亡くなられた患者さんに線香をあげてご家族と撮った写真です。仏壇の前で笑顔で肩を組んで写真なんて、不謹慎と思われるかもしれません。少なくとも1年前の私ならそう思ったはずです。 患者さんとの出会い この患者さんは…

今年も五島にはきれいな桜が咲きます。

18年ぶり10回目の・・・ 五島も桜が満開となりました。海からの風はまだ少し冷たいですが、いよいよ春です。 この日は島を離れる同僚の先生のお見送りに家族で港まで。紙テープと汽笛の別れのシーンは胸にぐっとくるものがあります。 私が生まれ育った宮崎県…

残りわずかとなった離島生活。RGPJ修了試験と倫理委員会

RGPJ修了試験 「本物のへき地医療を経験したい!」という気持ちだけ抱えて、ゲネプロに飛び込んだのが去年の4月。信じられないほど早く1年の月日が流れました。 自分のやりたい医療は何かと探していた私にとって、日本や世界の地域医療の先端を肌で感じる事…

五島の空に感じる『万里一空』

ヘリコプターで応援医師を運ぶ仕組み 上五島病院には、週に数回、本土から診療応援の医師がヘリコプターや船を使ってやってきます。皮膚科、耳鼻科、眼科、泌尿器科、精神科などの外来診療、処置を行うためです。 ドクターヘリや防災ヘリは救急患者への早期…

冬来たりなば春遠からじ。

寒波襲来 雪の降らない土地で育った影響でしょうか。 大人になっても雪をみると童心に戻ります。 この日は訪問診療でしたが、積雪に備えて時間を前倒しての出発となりました。久しぶりの銀世界はテンションが上がるものです。マスク越しにも私のソワソワが伝…

魔法の言葉

気づけば12月 早いもので師走です。 季節に敏感でいれるように生きてきたつもりですが、今年の新型コロナにはどうも調子を狂わされます。 季節の行事や交流がほとんどないまま季節が変わり、気づけば12月も終盤に。 夢見るとかそんな暇もないこの頃です。 と…

がれきそのものが黄金の仮装であったことを見破る者は詩人である

茶道の精神 妻が茶道に興味があるとオーストラリア人の友人に話すと茶道教室を紹介してくれました。 そんな経緯で先週末はみんなで初の茶道教室となりました。 私と子供達は抹茶と茶菓子のお裾分けがもらえるといいな、という下心で妻に付き添いです。 もう…

最新版発表!AHAガイドライン2020

5年ごとにアップデートされる心肺蘇生法 心肺蘇生のやり方が5年毎に変わっている事を知っていますか? 医師、看護師、救命士などの医療者はもちろん、それ以外の方でも心肺蘇生講習を受けた事がある人は多いと思いますが5年毎にそれを完璧にアップデートでき…

【現代版】へき地で働く医師に必要なもの

今週のウェビナーは高知県の大井田病院でRGPJ4期生として勤務する西津先生から、プライマリケア領域で必要な外科的皮膚処置(陥入爪・抜爪、ケロイド、褥瘡、粉瘤など)とレジリエンスの高め方、についてのレクチャーでした。 ゲネプロでのRGPJ研修…

秋の天気とメンタルは不安定

死を選ぶ人たちにかける言葉 9月からは上五島病院での勤務が再開し1ヶ月が経過しました。すっかり季節は秋です。 医療職では、患者さんの疾患や症状から季節を感じる事がよくあります。 この1ヶ月は自殺企図の患者さんの対応をする事が多くありました(何故…

シームレスな医療と、シームレスな父親業

『シームレスな医療』とは何か 今週のウェビナーは同じ上五島病院、整形外科で研修中の先生からのレクチャーでした。 骨折初期治療のその先まで、という事で ・大腿骨頸部、転子部、骨幹部骨折 ・橈骨遠位端骨折 ・膝蓋骨骨折 ・脛腓骨骨折 などを主な術式、…

人は、『場所』に集まるのではなく『人』に集まる。

奈留島での最終日 ~私服で家庭訪問~ 最後の日は白衣ではなく、私服で患者さん達のお家を回ってみました。 天気も良かったので自転車を借りて島を巡りながら。 島には集落が点在しており、走行距離約30 kmの家庭訪問です。 息子さんと2人暮らしのおばあちゃ…

台風10号襲来

10号接近中 九州あたりの皆さんは、台風対策は終わりましたか? 五島地方は9号の被害も癒えぬうちの10号襲来です。 この数日は、 家屋の修復中に屋根から落ちる人、 停電で熱中症になる人、 大雨で流れてきたヘビにかまれる人、 不安や感情が洪水のように氾…

医師のときめき片付けDays

情報に家畜化される医師生活 仕事にプライベート、身の回りに溢れる情報をどのように整理していますか? 私たち医師にとっても情報整理は非常に重要ですが、かなりストレスフルな問題です。 医療分野では、毎年毎年新しい研究データやトピックが世界中でリリ…

第3水曜日は『G'day Mate』

とうとう私が住む上五島にも新型コロナが上陸しました。 来年度に予定していた海外研修も現時点でどうなるか不明ですが、RGPJ研修の貴重な15カ月間を有効に使って、普段できない勉強や経験を積んでいこうと思います。 貴重な釣りの経験は重ねる事ができてい…

ACP(人生会議)のその前に

帰省する人が少ない、離島のお盆 いつもより静かなお盆を過ごしています。 高齢の患者さんとの診察室での会話です。 私「お盆に家族は帰ってくるんですか?」 患者A「今年は帰ってこんよ。近所の目もあるし帰ってくるなって言ったわ。まあ、さみしいけどね…

長崎の大切な1日

平和について考える日 8月9日は長男の登校日でした。 先週も登校日だったのに回数多いなとくらいしか考えてませんでしたが、帰宅後の長男の話を聞いて8月9日が大切な日である事を思い出しました。 「知ってる?75年前に原爆が長崎に落ちたんだよ」 「11時2分…

日本の一斉休校について、寝不足の朝に考える。

今日の朝活 昨夜は人生初のオンライン同窓会で夜更かしをしてしまい今朝を迎えました。 不毛な日曜日にならないよう、気合をいれて朝活です。 今日はおもしろそうな文献があり読んでみました。 晴天のもと読書リフレッシュ&英語、医学の勉強。気合が入りま…

「地域医療とは…」

「地域医療とは…」 7月18日にゲネプロのワークショップがオンラインで開催されました。 全国のへき地に散らばる医師たちが参加して、今回は主に整形外科・産婦人科・麻酔科・在宅医療についての学習でした。会の終わりにはオンラインでの懇親会もあり、それ…

長崎ちゃんぽんを更においしくするスパイス

とある患者さんと医師の会話 患者さん「先生、この前縫ってもらったとこ、綺麗になってるよ!ありがとね!痛みもないからもう痛み止めはいらんけんね!」 私「よかったです!抜糸までは気を抜かず、綺麗にしておきましょうね!」 ありふれた患者と医師の会話…