DrIWAの日記

医療や地域や人や趣味について。日々わくわくすることを探しています。日々の記録として書いていきます。

ゲネプロ卒業と新たなスタートへ

ゲネプロとACRRMからの贈り物

梅雨を忘れるような6月の晴れた朝、郵便が届きました。ゲネプロ、オーストラリアへき地医療学会(ACRRM)からのプログラム修了証です。

 

f:id:DrIWA:20210610103650j:image

 

離島医療とオーストラリアのGP(General Practitioner)への憧れだけを抱いて、不安ばかりの中、家族みんなで飛び込んだこのプログラム。やり遂げた達成感とともに、終わってしまった寂しさも同等かそれ以上に感じることになりました。修了証を持つ医師は現在日本で30名程度ですが、今後この流れと勢いは間違いなく日本各地や世界へ波及し、さらに大きくなっていくと確信しています。

 

ゲネプロで受けた教育

かつて医師の少ない僻地や、地方の病院は『リクルート』こそが課題でした。医師のリクルートに成功すれば勝ち組、「地域の医師不足は解消」とされた時代や地域があったかもしれません。しかし、現実はもう少し複雑です。医師がその地域にリテンション(定着)するために行政や住民とどのような関係を築く必要があるのか。日本や世界各地の僻地、私の生まれた島でも重要な課題となっています。

その1つの柱になるものが教育です。ゲネプロの受け売りにはなりますが、へき地の医療者確保に関する世界保健機関(WHO)のガイドラインで示される教育の推奨事項は以下の5点です。

 

1.へき地出身者を医療従事者教育プログラムに参加させる
2.へき地に教育拠点を置く
3.地域コミュニティーの中で教育する
4.地域の需要に合わせた教育の実施
5.医療従事者が学び続ける環境の促進

 

この14ヶ月間は、まさにこのような教育の機会を与えてもらいました。私自身のリテンションがどのような形になるのか私もまだ分かりませんが、ゲネプロやオーストラリアへき地医療学会(ACRRM)の方向性にはリテンションし続けたいと思っています。

 

たくさんの縁に感謝

ここで私のゲネプロ生活が一区切りですので、ブログも一旦お休みさせて頂きます。この14ヶ月間は人生の中でも大きな変化の期間でした。コロナ禍にも関わらず、多くの方々との出会いに恵まれました。関わってくれたすべての方々、その縁に感謝いたします。

最後はマイブームのアインシュタインのお言葉を借りて締めさせてもらいます。笑

 

"Education is what remains after one has forgotten everything they learned in school." 

 

〜教育とは学校で学んだことをすべて忘れた後に残るものである〜

 

ゲネプロを卒業となりましたが、ここから残っていく気持ち、繋がり、そんな形にしにくいものを、一生の貴重な宝物にしていこうと思います。そしてこれからも変わらず、人・土地との縁、そして家族を中心とした自分らしい人生を追求し続けていきたいと思います。

こんな気ままなブログを覗いて頂き本当にありがとうございました!